ボランティアインド学校 バラナシ

 

トピックス

splitter

topics

第14回インドスタディーツアー|参加者大募集


毎回大好評をいただいている、オンザロードでしか味わえないスタディーツアー!
現在こちらの参加者を募集しています!

第14回2017年12月30日〜2018年1月3日(5日間)

【2017年スタディーツアー年間予定☆】
・第14回:2017年12月30日〜2018年1月3日(5日間)

※航空券は約1ヶ月前までにお取りください。

現地に精通しているスタッフが一緒にいくスタディーツアー!!
普通の旅行では絶対に味わえない、貴重な体験になること間違いなし!
学校にいけない子どもたちへ、「笑顔」を届けられる旅を提案します!
〜国籍・文化・宗教・人種を飛び越えた世界へ!〜

お問い合わせフォーム

entry and inquiry

フォームへ
訪問国・地名
インド共和国 デリー・バラナシ・アーグラー
スケジュール
第14回:2017年12月30日〜2018年1月3日(5日間)

詳細

テーマ
子ども/教育/貧困/交流プログラム/体験型ボランティア/世界遺産/文化観光
ツアー目的
インドでは、未だカースト制度の差別が残り、 都市部と農村地域に暮らす人々の間に大きな経済格差が生じています。 中等学校へ進学する子どもの割合は約 30%。さらに、初等教育全体で50%の子ども達が、 学校に通っても中途退学している現状があります。
そこで、NPO法人オンザロードの運営する「マザーベイビースクール」に訪れ、 インドの現状を自分たちの目で見て考えてみよう!というのが今回のツアー目的です。
スタディーツアーは、一人で行なうものはありません。 同じ様な課題解決に興味を持っている有志たちと訪問します。 国際協力に興味がある方、一人での参加が不安だという方にもぴったりです! この機会に是非一歩踏み出してみて欲しいのです。
その先には、仲間たちと考え、笑い、助けあう旅があります。
通常の旅では味わえないスペシャルな、そして新たな体験が出来る旅をご提案します!
内容に不安のある方、航空券が自分で取れないかも‥という方、行ってみようか悩んでいる方、 どんな些細なことでもかまいませんので、まずはどんどんご相談下さい!
元現地駐在員が全力サポートします!
サポート
NPO法人オンザロード 担当:岡本 舞子(元現地駐在員)
Mail
india@otr.or.jp
Tel
03-6431-0507(平日10:00-18:00)

☆第14回スタディーツアー☆

 
シルバーウィークと年末年始、この長期休暇にインドへ来てみませんか? インドへ1人で行くのは不安な方や、国際協力をしたい方、子どもが好きな方、動機はなんでもOKです!日本とは全く違う文化、人種や歴史に触れ、子どもたちとも交流しましょう!きっとあなたの人生の中でも、最高の思い出となるはずです☆

マザーベイビースクールとは

 

マザーベイビースクールが所在する土地は、昔から不浄の地とされており、男尊女卑やカースト制による差別も未だ存在し、貧困層の人々が多く住む地域です。インド全土では未だ、家庭の経済状況により学校の授業料が払えない、親の職業を継がなくてはならない、そういった境遇の下、家業や家事の手伝い、幼い弟妹の世話などの理由から、学校に通うことの出来ない子どもたちが存在します。

そんな子どもたちへ、無料で教育を提供しようという目的の下、作られたのが、この「マザーベイビースクール」。

2008年6月に開校し、2017年の今年で10年目を迎えます。開校当初から2013年7月までは、地域民間団体と共に政府認可を受けないまま、塾や寺子屋的な存在として運営して参りました。しかし、このままの運営では進学・就学に不可欠な「卒業証明書」を渡すことが出来ず、毎日一生懸命学校へ通っていても、さらなる進学の道が閉ざされてしまいます。この状況を打破すべく、インド政府へ認可私立小学校としての申請を行い、7月に無事に認可を得ることが出来ました。

また、ボランティアの受け入れも随時行っており、来校するボランティアの方々には特技等を披露していただく「特別授業」を設け、 子どもたちには国際的な異文化に触れる機会を与え、日本人には観光だけでは決して得る事の出来ない貴重な体験を通し、 国際貢献の現実を知る機会になるよう努めております。

★2017年1月現在、ボランティア数3180人を突破!!
★数々のテレビ番組やメディアに取り上げて頂けるようになりました!

一例)
2010年2月・9月 日本テレビ「NEWS ZERO」にて2回の特集。
2010年2月 EXILE USA様ご来校の上、ダンスレッスンのご指導をいただく。
2012年2月 フジテレビ「めざましどようび」にてインド支部、当校の紹介。

世界中の学校に通うことの出来ない子ども達が学びの機会を得られること。
これと同時に、豊かになり過ぎた為に自分たちの幸せを実感することが難しい私たち日本人が、 世界のリアルな現実に身を置くことで忘れかけていることを追体験することが、オン・ザ・ロード設立目的です。

お問い合わせフォーム

entry and inquiry

フォームへ

ツアーポイント

 

★ 日本人現地駐在員・元駐在員からの生の声が聞ける、インドの現状を学べる旅に!
★ 現地語もしゃべれる現地駐在員の日本人スタッフが添乗するので、とっても安心!
★今回のツアーでは 添乗員① 林 寛与 がガイドします!(写真下部右)
★ 申込後は、持ち物やビザの取り方、そしてインドの文化まで。事前サポートも充実しています。
★ 普段は絶対体験出来ない、マザーベイビースクールの子どもたちとの課外授業や交流プログラム、そしてお宅訪問の時間を用意しています!
★ 世界遺産「タージ・マハル」等、その他、大人気&おすすめのインド観光地を訪問!
★ 現地集合解散なので、全国各地から参加OK!
★ 参加型で、参加者全員で創りだす企画は、一体感を味わえます!
★ 参加前には顔合わせ・オリエンテーション等で仲間たちとの交流会を行います。参加者は初海外旅行の方、そしてインドが初めてな方もいらっしゃいます。
★ 学生さん〜社会人さんまで、幅広い年齢層の参加者だからこそ味わえる体験学習!
★ フリータイムは、ヨガやインドマッサージ、お買い物に、音楽レッスン、歴史散策、インド人とのデートコースのご提案まで?!
ご希望に合わせて充実出来るフリータイムをどこまでもサポートしますので、お気軽にご相談下さい。

さらに!!第14回スタディツアー参加者への特典も!!

 

ツアー参加者しか貰えない、子どもたちの手作りプレゼントがあります!

第14回スタディーツアースケジュール
2017年12月30日〜2018年1月3日(5日間)

 

1日目 2017/12/30
11:00 ニューデリー駅近くの待ち合わせ場所に、荷物を各自持って集合。
自己紹介後、タージマハールに車で訪れます。
夕食後、寝台列車にてバラナシへ。レストランにて翌日の説明。
朝食:なし 昼食:あり 夕食:あり
[ 車内泊 ]
2日目 2017/12/31
朝:バラナシ駅着。ゲストハウスへ。
朝食後、インドの民族衣装オーダーメイド体験!(希望者のみ)&昼食後フリータイム。
夕方:寺院、火葬場見学。ガンジス川でボートに乗ってのプージャ見学(ヒンドゥ教のお祈り)。
夜:各自夕食後、オリエンテーション&翌日の説明&4日目のオンザロード提案プログラムと、参加者からの提案プログラムにおける全体ミーティングと年末カウントダウン。
朝食:あり 昼食:なし 夕食:なし
[ バラナシ泊 ]
3日目 2018/1/1
朝:ゲストハウスにて朝食
午前:マザーベイビースクールの子どもたちの授業見学。
午後:子どもたちとフェアトレード商品を作ろう!&家庭訪問・家族との交流タイム。その後、スクールから戻りフリータイム。
夜:レストランにて各自夕食を取り、全体ミーティングと懇親会。
朝食:あり 昼食:あり 夕食:なし
[ バラナシ泊 ]
4日目 2018/1/2
朝:ホテルにて朝食。その後、マザーベイビースクールへ。
午前:マザーベイビースクールの子どもたちと交流。
※参加者から子どもたちへの授業やプレゼントの交流提案。(昼食は、インド人従業員ビビのお手製カレー)
午後:スクールから直接空港へ、空路にてデリーへ。
夜:デリー到着後、ホテルへ。その後フリータイム。
朝食:あり 昼食:あり 夕食:あり
[ 車中泊 ]
5日目 2018/1/3
朝:車内にて朝食。
午前:スワーミナーラーヤンアクシャルダム寺院、ガンジー博物館等、デリーでおすすめの観光地を訪れます。
午後:全体リフレクション。解散。
朝食:あり 昼食:あり 夕食:-
電車が遅れた場合、デリー観光はカットになります。
上記スケジュールは2017年7月現在のものです。現地交通状況、視察施設の諸事情などにより予告無く変更となる場合があります。予めご了承ください。
集合日・時間
2017年12月30日(土)午前11時(インド標準時)
解散日・時間
2018年1月3日(金)午後6時頃(インド標準時)
※交通状況により、時間は前後する場合もございます。
旅行添乗代金
95,000円(お一人様 / 2名1室同性利用)
 
1人部屋利用追加代金 5,000円/日
上記とは別に各自で航空券をお取りください。(7月11日現在の航空券料金一例:9月16日成田発、9月22日羽田着の中国東方航空(経由便)で、約5万5千円〜。12月29日羽田発、1月4日羽田着のアシアナ航空(経由便)で、約7万6千円〜になります 。※全ての料金込みのお値段です。航空券は出発日に近くなるにつれ、お値段があがっていきます。)この日程の前後で滞在期間を伸ばせる方は航空券がお安くなります。ご相談下さい。 ※バラナシーデリー間が空路になるため、第15回の価格が変わります。
個人で出国前にビザの取得を行って頂きます。(1890円)
デリー空港でのアライバルビザ取得が可能になりました。
旅行添乗代金には、デリー・バラナシ・アーグラーでの観光費・交通費を含みます。
基本的に同姓での相部屋になります。その場合、一人部屋利用料金はかかりません。
航空券もビザもご自身で取得していただきますが、全てスタッフがサポートするので安心して下さいね♪

 

お問い合わせフォーム

entry and inquiry

フォームへ

旅行条件

 

集合場所
ニューデリー駅近く(参加申込後、ご案内致します)
解散場所
ニューデリー駅近くのミーティング場所
滞在先
バラナシ:ガンジス川近くのゲストハウス(参加申込後、ご案内致します)
食事
朝4回、昼4回、夕2回
添乗員
今回のツアーでは 添乗員① 林 寛与 がガイドします!(写真下部右)
最少催行人員
→第15回最少催行人数:6名
※最大10名で締切りとさせていただきます。
※締切りは12月5日とさせて頂きます。
12月5日までに最少催行人数が集まらない場合は催行致しません。
延泊
可能(ただし、現地集合前、および解散後)
渡航条件
パスポート有効残存期限 入国時6ヶ月以上必要
ビザ
必須。ご自身で取得下さい。
 
 
インドはインフラ整備が整っていない環境が多く、スケジュールは予告無く変更となる場合があります。予めご了承ください。
上記のような理由により、移動はスーツケースより、バックパック(旅行用リュック)の方が行動しやすいため、バックパックでのご参加をオススメしています。
基本的には上記日程ですが、ご要望がありましたらご相談ください。
インドの9月平均最高気温:約34度 平均最低気温:25度で、雨期となり降水量が多いです。スコールのように雨が降ります。12~1月は、平均最高気温:約21度 平均最低気温:約8度で、寒気です。朝晩は寒く、体感温度は日本の東京と同じ位になります。雨はあまり降りませんが、気温があがらないので洗濯物は乾きづらい季節です。

 

参加者の声

 

 
第1回スタディーツアー参加者(リーダーもしてもらいました!)、昆 貴大(こん たかひろ)くんからのメッセージをどうぞ!

 
以前、オンザロードの東北ボランティアには参加したことがありましたが、今回はたまたまTwitterで「スタツア参加者募集」の文字が飛び込んできました。

「一度は行ってみたかったインド・年末年始・第一回目・特別価格」。
行かない理由が見つからず、参加を即決しました。(笑)

空港に着いた瞬間、ぐわーー!!!っと、インドのパワーが押し寄せてきました!!

ピクニックも、子どもたちの家庭訪問も、大運動会も全部、子どもたちと私たち参加者が一緒になって無我夢中で楽しみ、あっという間に終わりました。子どもたちとの触れ合いは、愛くるしさを強く感じ、一緒に来た仲間からも同じ想いを受けました。私にとっては、某テーマパークよりも、夢の国でした!!笑 一人で来るのとはまた違う、「皆で一つの想いを共有する」。温かい充実感に満たされました。今回のスタディーツアーの感想を一言で言うと、「出会えて良かった!!」です!素晴らしい参加者との出会いに恵まれたことも大きかったです。

また、一度行って満足することなく、大事なことは「継続的な支援」。今後の支援に対する想いが、よりシンプルに、より明確になったことを実感しました。義務ではなく、ワクワクした気持ちで考えられるのは、間違いなくこのスタツアでの出会いのおかげだなと感じています。

今後、このスタツアに参加を考えている方へ。仕事の都合や迷い、不安もあるかと思います。 もちろんインドでは、予定通りに進まないことが多々あるのも事実です。しかし参加者がプログラムに集中出来るよう、主催の舞子さん始めスタッフの方々が、細かいところまで念入りに準備をしてくださいました。そのおかげで私の初めてのインドは本当に楽しく、充実し、大きな経験となりました!!

断言できます。「インドに行きたいけど、少し不安に思っている方!」
舞子さんと行けばどこのツアーよりも楽しく、安心して行けます!(^O^)

同じような想いをもった人との素晴らしい出会い、そしてなんと言っても、最高に可愛い子どもたちが皆さんを待ってくれています!!一人でも多くの方がスタツア参加を選択することを願っています。
いつの日か、同じスタツア参加者として想いを語り合える日が来ることを心待ちにしています!

 

添乗スタッフの紹介

 

添乗員①
林 寛与(写真右)NPO法人オンザロードインド支部 現地駐在責任者
1979年11月13日千葉県生まれ。現在はインドバラナシ在住。
服飾専門学校を卒業後、主にデザイナーとして働く。
30歳目前に、カナダへ1年間語学留学。帰国後、世界一周旅行に出るべく、かねてから興味のあったインドをスタート地点として計画している際、偶然にもオンザロードのHPに、「マザーベイビースクール現地駐在スタッフ募集」の記事を見つけ、オンザロードの門を叩く。
2011年1月から、現地駐在責任者としてマザーベイビースクールの運営管理、ボランティアの受け入れ、フェアトレード商品の考案などを行っている。
 
 
→添乗員②
岡本 舞子(写真左)NPO法人オンザロード副理事長
1983年12月13日岡山県生まれ。現在は世田谷区在住。
児童福祉の専門学校を卒業後、世界中でボランティアをする国際協力の旅に出る。
訪れた国は約40カ国に及ぶ。ボランティア内容として、カンボジアでのエイズ・孤児・教育問題支援、 タイのエイズ患者看護や、また、津波による復旧支援、 インド・コルカタのマザーハウスの重度身体知的障害児施設にて介護、 インド・ポンディーチェリーの孤児院にて孤児の世話、 ネパール・ポカラの孤児院訪問、ケニア・ナイロビの障害児施設にて 教育・ エイズ問題、ウガンダでの孤児院にて教育支援、エチオピアでの エイズ・癌患者介護など。
2008年「マザーベイビースクール」の建設と開校を経て、 NPO法人オンザロードを発足。その後2年半、現地駐在員責任者として 学校とゲストハウスの運営を行う。現在は、NPO法人オンザロードの 事務局長/副理事長として日本国内でのファンドレイジング・広報活動を行っている。

 

お問い合わせフォーム

entry and inquiry

フォームへ