Loading

防災ワークショップや研修・育成など
Disaster Support

災害が起こる前にしなくてはならないこと、沢山あります。最低限のことを〝知り〟〝考える〟それだけでいざというときの備えに、命の確保に繋がります。2011年の東日本大震災では、述べ3万人のボランティアを受け入れ、各被災地に派遣。宮城県石巻市、福島県を中心に支援活動を8年間行っており、NPOとしては驚異の土石・廃棄物運搬量を処理してきたオンザロード。その後も、2015年の熊本地震、2018年の関西&西日本豪雨災害と大きな自然災害に見舞われている日本。今後も発生するであろう災害に備えて、いざという時に自分自身や家族、大切な周りの方、そして日本を守れるように、オンザロードに常設の災害支援部隊を設立しました。 災害が起こってから動くだけでなく、大きな災害が発生する前に防災、減災についての知識やスキルを磨き合うこと、いざ災害が起こった時には、緊急対応・復旧支援活動と、一緒に活動出来る仲間を増やしていくことを目的としています。 今後、このような活動を行っていきます!

ボランティアリーダー研修

防災技術はもちろん、災害が起こった時、現地でボランティアが安全・効果的な支援活動ができるようリーダーとなって地元住民とボランティアをサポートできるようなリーダーを育成する、1泊2日の研修

支援コーディネーターの育成

被災地を俯瞰して見て、ボランティア、活動内容のマッチング、各所との連携を図るリーダーを育成

企業防災研修

リーダーの堀之内がいざというときに備えて、企業内での連絡網などのチーム作成や、災害時に想定される問題に対する対処の仕方を伝授。また実際に発災したら、緊急期・復旧期・復興期に何を行えばよいのかみっちりお教えします。

1日防災講座

災害支援からの学び、そして最低限の防災の心得を6〜7時間コースに凝縮。 もし、明日、南海トラフor首都直下型地震が起こったら・・・・?

パパ・ママ サバイバルキャンプ

家族を守るため、限られた道具で生き延びるには?!周りにある道具のあっと驚く使い方、便利アイテムの紹介も。ワークショップを幾つも入れ込んだ、キャンプを通しての実践体験。

オンラインサロンの開設

月会費1,000円で、1,000円とは思えぬ役立つ情報を発信していきます。

被災地(石巻市、福島県、熊本県、愛媛県)へのアテンド

PAGE TOP